Logicool M570tとELECOM EX-G 実際に使ってみての比較レビュー[無線マウス]

スポンサーリンク




どうも、やすです。

今回は最近購入した2種類のマウス、
Logicool「M570t」とElecom「EX-G」を実際に使ってみての感想、レビューを書いていきたいと思います。

M570tとEX-Gを徹底比較

その前に今回マウス比較を始める経緯を知りたい方はこちらをどうぞ。
本記事の内容に関係ないので飛ばしてもらっても構いません^^


私がトラックボールマウスを購入するきっかけになったのは、ヨッセンスのヨスさんこちらの記事を読んだからです

トラックボールマウス(m570t)を使い続けて実感! 11個のメリット

というわけで、影響されやすい私は足早に電気屋さんに行きまして、トラックボールマウスを購入してきました。

まだ使ってみて少ししか経っていませんが、使用感をレビューしていきたいと思います。

1:マウスを持ち上げなくていい

一般的なマウスだと、マウスポインター(矢印)を動かす際に机の上で動かせるところまで移動させてマウスをいったん持ち上げて、元の位置に戻してまた動かし始めますよね?

ですがこのトラックボールマウスだと、

この青い球だけでマウスポインターを操作できるので、↑の一連の操作がいらなくなります。

使い始めは慣れていないのでうまく操作することが出来ないかもしれませんが、慣れてくればマウスポインターをビュンビュン動かすことが出来ます(´∀`)

さらに親指のみでマウスポインターを操作するので一般的なマウスと違って「手首」を動かさなくなります。

なのでパソコンを使ってお仕事をされている方に多いかもしれない「腱鞘炎(けんしょうえん)」を未然に防ぐことが出来ます。

やす
私も美容師として日常的に手を使うのでこの使用感はとても気に入りました。
本当に手首の負担が軽くなります。

あまりの使い勝手の良さにこんなことをTwitterでつぶやいています。

2:やっぱりあると便利!サイドボタン

以前使っていたノートPC時代は無線マウス(サイドボタン付き)を使用していましたが、デスクトップPCを購入してからは新調するといった意味もかねて付属品のマウスを使っていました。

ずーっとサイドボタンなしで作業していましたが、やっぱりサイドボタンあると便利ですね~♪

私はこうやってブログを書くときは調べたりしながら記事を書いたりしていますし、
そのほかの時間はyoutubeの動画を見たりと普段からウェブサイトを見ることが非常に多いので、

わざわざマウスを動かさずにページの戻る、進むができて非常に楽です。

3:コードレスで快適、わずらわしさゼロ

コードレスになったので有線のわずらわしさがなくなりました。

有線だとPCからの距離が決められていますから、当たり前ですがコードの長さ以上は動かすことが出来ません。

コードレスに加えて1で紹介したトラックボールとの合わせ技でどこでも使うことが出来ます。

わざわざ律義に机の上で使わなくてもいいんです。太ももの上で使ってもいいし、言ってしまえば床に寝転がりながら使ったっていいんです。

それにPCの裏ってコード密集地帯になっていませんか?

モニターの電源にHDMI端子、PC本体の電源にマウス、キーボードのUSB、モデムのLANケーブルに電源・・・

yasu
どうコードを通せば突っ張ったりしないで使えるかな。
こうかな?ここかな?
このコードはどのやつだ?ややこしいから一旦抜いちゃえ!! ブチッ!!

PC電源「プシュン!!」

・・・

(#^ω^)ピキピキ

こういったわずらわしさが解消されるので、コードレスに出来るところはどんどんしていきましょう。

こんな感じでいいところばかりのトラックボールマウスM570tですが、
非常に使いずらい点に気づいてしまいました。 それは、

「細かい操作が出来ない」

まだトラックボールマウス歴1ヶ月ほどの初心者の感想ですが、

「大きく、早く」動かす時はとてもスムーズに「スーーーッ」と動かせるんですが、
「小さく、ゆっくり」と動かすとトラックボールがどこかに引っかかってるように感じます。
(私の使い方が悪いのかもしれません。)

たとえば、今画面外にあるマウスポインターを動かしてこのウィンドウを閉じたい場合、いきなりはやくは動かさないですよね?
小さく、ゆっくり動かすと思うんですが、そうするとトラックボールの動きが引っかかってスムーズに動かすことが出来ません。

またこうやってブログを書いているときも

やす
○○って書いてあるところ直したいな~。

ってときは直したい所の近くに動かしてから、ゆっくりと直したい文字に合わせるんですが、
ゆっくり動かすと引っかかるように感じてなかなか直したい文字に合わせられず、直したい文字とその隣の文字を行ったり来たりして、

ってなりました^^;
(キーボードで操作すればいいのかもしれませんが、マウスを使った方が早いですし・・・)

解決策

やす
この調子だとブログ更新キツいぞ・・・ 作業に支障をきたすレベル。

というわけでこの問題を解決するために私が取った行動は、

「別の新しいマウスを買う」

いや、言いたいことは分かりますよ?w

「せっかく買ったんだからちゃんと使えや!」とか「もったいねぇw 何のために買ったんだよww」とか・・・

最初は純正のマウスに戻してたんですが、一度無線&サイドボタンのうまみを知ってしまったら純正を使うのも苦になってしまいました(´・ω・`)

というわけで一般的なマウス(光学式というみたいですね)の無線タイプのものを買ってきました。

そして選んだのがこの、

ELECOMのEX-G(Mサイズ)です!

このEX-Gですが、BluetoothとUSB接続の2種類あったのですがM570tと比較出来るかなと思ってUSB接続タイプのものを購入してきました。

色も赤と黒の2種類ありましたが、

[シザーケース]美容師の腰に付けている物とは!? 中身・用途などを紹介[Scissors case]

2018.01.26

この記事でも言っていますが私は赤が好きなので赤にしました。

それでは次からは両マウスの比較ですよ!

1:大きさ

こうして二つを並べてみるとやはりM570tの方が大きいです。

参考になるか分かりませんが手を載せてみるとこんな感じになります。

EX-Gは小柄な分、手に隠れちゃってます。

yasu
ちなみに私の手の大きさは中指から手首の付け根まで約20㎝ありました。参考までに。

EX-Gはサイズが3種類(L、M、S)あるので自分の好みや手の大きさなどでサイズを選ぶと良いでしょう。

2:重さ

M570tに関してはトラックボールが付いているので、そもそも持ち上げる必要がないですね。

一方、EX-Gはというと純正のマウスと同じぐらいか少し重いです。(接続するための単3電池が入っていますので当然といえば当然ですが)
ただ「重くて使いずらい」ってわけではないので安心してください!

3:サイドボタン

次はサイドボタンについて見てみましょう。

まずはM570tですがボタンの配置上、人差し指で操作することになるかと思います。

ただここで一つ問題があって、奥側のボタンが少し遠いです。

普通に届いてはいるんですが、若干押しずらいです。
女性や手の小さい方だともしかしたら奥側のボタンに指が届かないかもしれません。

これはM570tの改善すべき点のひとつでしょう。

次はEX-Gですが、こっちは親指の中間から根元付近に配置されているのでボタンが押しやすいですね。
電気屋さんの方で3サイズ(L、M、S)実際に持ってみましたが、全部押しやすい位置にボタンが配置されているので手が小さい方でも問題なく使用できると思います。

4:マウスホイール

お次はマウスホイールの比較です。

まずはM570tからみていきます。
このマウスの形状上、左側にトラックボールがありますので、左右のクリックボタンが斜めになっている+重心が右側に寄っています。

この形状上、一般的なマウス(EX-Gも含みます)と比べるとマウスホイールが右側にあるので右人差し指では少し操作しずらいと感じました。
(右中指の方が操作しやすいかも)

一方のEX-Gですが、このマウスは一般的なマウスと同じように中心にマウスホイールがありますので、

特に問題のない使用感ですね。
マウスホイールに関してはEX-Gに軍配が上がるかなと思います。

5:使用感

ここまでの比較をまとめてみると、少しEX-Gに軍配が上がると思う方もいるかもしれませんが、
EX-Gを使う上で忘れてはならない弱点があります。それは、

「手首が痛くなる」

これはすぐに思いました^^;

トラックボールマウス(M570t)を使用しておよそ1ヶ月ほどの少し慣れたかな~、ぐらいの経験でしたが、EX-Gに切り替えてからすぐに思いました。

やす
あれ? なんか手首痛ぇ・・・

マウスを操作することが出来ないほどの痛みではないのですが、手首に負担がかかってるのが実感出来ました。

なのでM570tの優れた所の紹介で触れた「腱鞘炎」を気にされている人にはM570tをオススメしたいです。

評価のまとめ&どういった方にオススメか

それではこれまでの評価をまとめます。

  1. 大きさ:M570t≦EX-G(サイドボタン、3種類の大きさから選べるなどでEX-Gが有利)
  2. 重さ:M570t≧EX-G(そもそもM570tは持ち上げて操作することがない)
  3. サイドボタン:M570t<EX-G(手の小さい方だと届かない可能性があるため)
  4. マウスホイール:M570t≦EX-G(操作のしやすさからEX-Gの方が良いかも)
  5. 使用感:M570t>EX-G(腱鞘炎予防には手首を動かさないM570tがオススメ)

以上の点からどういった方にオススメできるかというと・・・

M570tはこんな方にオススメ

  • 腱鞘炎を予防したい方
  • スピーディーなマウス操作を求める方

 

EX-Gはこんな方にオススメ

  • マウスのクリック、サイドボタンが操作しやすい方がいい方
  • 従来のマウスの形状を変えたくない方

 

これが私がM570tとEX-Gを使用して感じたことです。
以上の点を参考にご自身に合うマウスを探してみてはどうでしょうか?

やす
最近の商品は値段が安い割には質の良い商品が多いなぁ。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です