トリートメントで傷んだ髪が治る!? 本来の効果・目的などを解析[Treatment]

スポンサーリンク




皆さんの中には美容室に行った時、担当の美容師さんに

「今日はカラー(orパーマ)をしたので、一緒にトリートメントしておきましょう!」

「トリートメントした後はホームケアでこちらの商品を使うのがオススメですよ!」

などと言われたことはないでしょうか?

そんなあま~い言葉を今回、バッサリ切り捨てたいと思います(`・ω・´)/

トリートメントの効果

まず始めに断言しておきます。

トリートメントで傷んだ髪の毛は治りません。というか一度傷んだ髪は何をやっても元に戻りません。

って感じですかねw? でもそうなんです。

髪の毛というものは死滅細胞なんです。

(爪も同じです。)

割れたり、欠けたりした爪が自然と治らないように、髪の毛も自然に修復しません。
(頭の良い方達がさまざまな研究の結果、現代ではこのように言われております)

割れたり、欠けたりした爪はヤスリで削るか、切るかしかないですよね?それと同じです(´∀`)
なのでトリートメントをしたからといって傷んだ髪の毛が修復したり、改善されるということはないです。

本来、トリートメントの目的とは「手触りを良くしたり、ツヤを出す」になります。
(カラーの色持ちを良くするなどもありますが、所詮シャンプーしていくうちに落ちていきます)

髪の毛の傷みが治るわけではないので、
CMやスーパー、ドラッグストアの店頭などで見かける広告やポップに

「修復」だの「補修」だの消費者の皆様が勘違いしてしまいそうなフレーズを見かけると、

「(#^ω^)ピキピキ」ってなってしまいますw

厳しい言い方をすれば、傷んだ髪の毛は絶対治らないんだから「嘘」ついてることになりますね。(そんなつもりで広告うってるわけではないのかもしれませんが)

だから今、これを見ているメーカーさん、美容師さんに言いたい!

yasu
本当は自分でも気付いてるんでしょ!?
そこまでして売り上げ増やしたいですか!? 固定客掴みたいですか!?

・・・

話が脱線しましたね(;´∀`)

まぁ、やればやったで数日間は手触り、ツヤが出るので俺もやってるんですがねw
だからアウトバス(洗い流さない)トリートメントも同じですね。

付けて洗い流すまで。実際傷みが修復されているわけではないです。

なので、髪の毛が傷む行為(カラー、パーマ、縮毛矯正etc.エトセトラ・・・)
をする場合はそれ相応のリスクがあるという事を理解した上で実践して貰いたいですね。

今回のポイント
  • トリートメントの効果
  • 髪の毛の傷みは修復・改善しない
  • 髪の毛の傷みを伴うものはリスクを踏まえた上で行う

いかがだったでしょうか?
今回は見る人にとっては、なかなか衝撃的な内容だったのではないでしょうか?

物事を知っていると知らないとでは捉え方が変わってくると思います。
今回の記事が一人でも多くの人の役に立てればyasuは嬉しく思います(*´﹀`*)

yasu
「オシャレは我慢」とは良く言ったものですね。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です