美容学生、美容国家試験を受験される方にオススメ![YSPARK ガイドコーム YS-G45]

スポンサーリンク




どうも、やすです。

今回は私が、実際に美容国家試験を受験する時に大変便利に感じた「YSPARK ガイドコーム YS-G45」を紹介したいと思います。

YSPARK ガイドコーム YS-G45

ご存知の方も多いかもしれない「YSPARK」のカットコームになります。

そのYSPARKのコーム「YS-G45」

created by Rinker
ワイエス パーク プロフェッショナル

このコームの特徴を書いていきます(*´﹀`*)

1:目盛りが付いてる

一番推したいポイントがこれですね。

美容国家試験では「カット」が必須科目になっていて、カットの課題の内容は私が受験した時は「レイヤースタイル」でした。(今も変わって無いのかな?)

課題には○○は何センチ、○○が何センチと決められていまして、±5mm以内と設定されています。

その予め設定された長さにカットするのに目盛りが付いてるととても便利です。

目盛りが付いていないコームだと、前もって自分で規定の長さのところに印を付けないといけないですし、試験前にコームを洗って

「印が消えている!

となったら目も当てられません(-。-;)

なので最初から目盛りが付いているコームがあれば便利ですし、目盛り部分を固い物でガリガリ擦らなければ目盛りが削れる心配もありません。

コームで長さを測る時の注意点として、生え際にピッタリコームを当てるとコームの厚みの分、ウィッグの髪の毛が長くなるので、その厚みの分を考慮した上でカットするようにしましょう。

2:垂直が測れる

created by Rinker
ワイエス パーク プロフェッショナル

コームの両端を机の上に立てると垂直を図ることが出来ます。

先程の国家試験課題のカットではウィッグの頭皮に対して90度(垂直)で長さを測るところがあります。

それもこのコームだったら、頭皮に立てることによって垂直を測ることが出来るので、上下左右から測れば正確な90度を測ることが出来ます。

3:髪の毛を分け取るのもラクラク

カット課題が開始したら、まずは長さの基準となる髪の毛(ガイドライン)を作ると思うんですが、

そのガイドラインを分ける作業もコームの両端が髪の毛を分け取りやすい形状になっているので、ガイドラインやカットする髪の毛(パネル)を簡単に取ることが出来ます。

まとめ

今回のオススメポイント
  1. 目盛りが付いてる
  2. 垂直が測れる
  3. 髪の毛を分け取るのもラクラク

今も現役で活躍してくれているので、使いやすさはお墨付きです!

やすのシザーケースの中身はこちらの記事で書いています。

[シザーケース]美容師の腰に付けている物とは!? 中身・用途などを紹介[Scissors case]

2018.01.26

美容学生さんや美容国家試験を受験される方のみならず、現役の美容師さんにもオススメしたい一本です!

やす
でもぶっちゃけ、コームって折れたりしない限り買い換えないよねw(←台無し

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です