[簡単]管理美容(理容)免許の取得方法、手続きの仕方を解説

スポンサーリンク




どうも、こんにちは!
やす(@yasu0603_usay)です。

先日、管理美容師の講習のエントリーを済ませてきました。(試験はまだですが)
→2018/11/20追記
三日間の講習を無事受け終わりまして、管理美容師の試験を取得することができました!

今回は管理美容(理容)師のエントリーから講習までの流れを書いていこうと思います。

そもそも管理美容師(理容師)とは?

管理美容師は主に髪を整える等の美容を行う仕事を司る職種であり、美容所の管理者である。

美容師法第12条の3により美容師である従業者の数が常時2人以上である美容所の開設者は、当該美容所を衛生的に管理させるため、美容所ごとに、管理美容師を置かなければならないとされている。
引用:Wikipedia

難しい言葉が並んでいますが、簡単に言うと「美容室で働いている人が二人以上の時はどちらかが管理美容師の資格を持っていなければならない」(1人で経営している場合は必要なし)と、言うことです。

やす
ちなみに、理容室(俗にいう床屋さん)も同じです。

管理美容師の受講資格

美容師の免許を受けた後3年以上の美容の実務経験者
引用:Wikipedia

やす
また堅苦しい言葉が並んでいますが、美容師の免許を取ってから3年以上働かないと取れませんよってことです。

「免許を受けた3年以上」なので美容師免許を持っていないとき(アシスタントなど)の勤務歴は含まれないので注意です。

簡単にですが管理美容師の説明を終えたところで、次は実際に講習にエントリーするまでを解説していきます。

ここから載せている画像はクリック(またはタップ)すれば拡大されますので見ずらいところがあれば大きく表示してみてください。

エントリ-までの流れ

やす
私の体験談になりますが、管理美容師の受講資格(美容免許取得後3年勤務)に達していても、通知などは専門学校などから来ませんでした。

なので管理美容(理容)の資格を取得したい方は、自分で開催日時などをチェックしましょう。

それではさっそく理容師美容師試験研修センターへ。

右下にある講習会開催日程をクリック。

講習を受けたい都道府県を選択します。

今回は私の出身地である茨城県を例にしていきます。

講習会の申し込み方法は二通りで、「郵送」「Web」です。

やす
まずはじめに「郵送」での申請の方法を解説していきます。

エントリー方法 郵送編

郵送をクリック。※美容と理容の欄を間違えないよう注意です!

PDFのページに移行するので、2ページ目の「エントリー用紙」のみを印刷、必要事項を記入して、各講習会の募集期間内に郵送すれば完了です!

やす
郵送で講習会の申し込みをするにしても、ここまでの操作が必要になってくるのでWebで申請した方が早いんじゃないかと思いました。

専門学校によっては卒業生たちにエントリー用紙を郵送したりするのでしょうか。

エントリー方法 Web編

次はWebでの申請の流れを見ていきましょう。

Webをクリック。※ここでも美容と理容の欄を間違えない様に注意です!

こちらのエントリーフォームに移行するので、ページの下にある「次へ」ボタンをクリック。

次に運営側の個人情報の取り扱いに関する方針のページに進むので、下にある

①にメールアドレスを入力、②の「同意して送信」をクリックすると、入力したメールアドレスに

「講習会受講にかかる本エントリーの案内について」という件名のメールが届くので、
赤丸のURLをクリック。

このエントリーフォームに必要事項を記入して

「送信」をクリック。

これで講習会の本エントリーが完了です。さきほど入力したメールアドレスに

「講習会受講のエントリー完了について」というメールが届いていたらOKです!
お疲れ様でした(*´﹀`*)

やす
一応エントリーは受講者数が決められているようで、定員割れした場合は抽選になるようです。
登録した住所に「申込書類一式」「その回の受講が出来ない旨の通知」が表記された日付までに郵送される様です。

通知が届くまでの間、読書でもして気長に待ちましょう(´∀`)

届いた申込書類一式

2018/08/01に書類一式が届きました。
申請をしたのが07/24だったので大体1週間ぐらいで届きました。

今回届いた書類がこちらです。

  1. 管理理容師・管理美容師資格認定講習会受講のご案内
  2. 受講申込書
  3. 郵便振替払込用紙
  4. 業務従事証明書
  5. 受講者写真票
  6. 受講申込書返信用封筒

それでは1番から順に見ていきましょう。

1:管理理容師・管理美容師資格認定講習会受講のご案内

この用紙には申請用紙の返信の期限や、書類の書き方、講習会の日程などが書かれているのでよく読んで、抜けがないようにしましょう。

2:受講申込書

この用紙は、左側に名前や住所、美容免許証の情報を書く欄があって、右側には美容免許のコピーと③の郵便振替払込用紙、④の業務従事証明書を貼り付けます。

3:郵便振替払込用紙

この用紙に必要事項を記入して、郵便局の窓口か、払込機能付きのATMで支払いをして、受領書(明細書)を②の申込書に貼り付けます。

4:業務従事証明書

この用紙は美容免許を取ってから3年以上働いたことを証明する用紙で、働いた期間、お店の名前、オーナーの名前を書いてもらうようになっています。(働いたお店が2店舗以上の場合は、この用紙を必要な枚数コピーして書いてもらうようになります。)

5:受講者写真票

この用紙には自分の証明写真を貼ります。
使う写真は半年以内の写真を使うようにしてください。名前を書くのも忘れずに。

6:受講申込書返信用封筒

最後にこの封筒に住所と名前を書いて

  1. 受講申込書
  2. 業務従事証明書
  3. 美容免許のコピー
  4. 受講者写真票
  5. 払込用紙の受領書or明細書

この五つに記入漏れがないことを確認して、提出期間内に郵便局の簡易書留で郵送して終了です。お疲れ様でした!

あとは書類に不備がなければ受講者票送付先に書かれている住所に受講者票が送られてくるようです。

以上が管理美容(理容)師免許の講習会の受講手続きの流れになります。

2018/11/20追記

三日間の講習を無事受け終わりまして、管理美容師免許を取得することができました!ありがとうございます!

スポンサーリンク









4 件のコメント

    • 質問ありがとうございます!

      業務従事証明書についてですが、私の体験談になりますが現在も勤めている店舗で美容師免許取得後、3年以上経過したためオーナーに必要事項を記入してもらった、という形になります。

      書類提出後は特に勤務調査に関する電話などはありませんでした。

      管理美容(理容)受講資格にある「3年以上勤務」に達していれば特に問題はないかなと思います。(都道府県によってや、勤務店舗が複数になるなどで違いがでる可能性もありますが、その点はご了承ください。)

      少しでもこのコメントが役に立てば幸いです。
      またよろしくお願いします^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です